前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

やはり15チーム体制がベスト。

サンウルブズ、負けてしまいましたね。

スーパーラグビー参加3年目にして、ようやくスーパーラグビーの恐ろしさを痛感することができました。

これまでの2年は、相手チームがメンバーを落としてきていたので、どうにか戦えているようにみえていましたが、本来の本気メンバーでこられると、やはり試合のレベルが段違いに上がりますし急造チームで対峙するには、あまりに相手が強力すぎです・・・。

正直なところ、開幕前はサンウルブズのメンバー構成を見て、上位にもいけるかもなんて淡い期待を抱いていましたが、これまでの行われたスーパーラグビーの試合を見ている限り、これまでの18チームから3チーム削減し、15チーム体制となったことは、リーグレベルをまたさらに挙げることに成功したようです。

もはや「ホームで勝つことは当たり前」でなければなりませんし、アタック時においては「アタックしている人が何人のディフェンスを引きつけるか」、またディフェンスにおいては「1人1殺ぐらいの感覚」でなければ、余裕のあるディフェンスはできませんし、トライを取れるところで取りきらないと、流れが一気に悪くなります・・・。

しかし、シャークスのHO、アーマンド・ファンデルメルベ選手のスピード、ハンパなかったですね。 1.78cm、107kgのあの体型で、ほぼセンター付近から走り切るだけでなく、フルバックを交わすなんて!!!

f:id:so1maeda:20180312124253j:plain

まあ、調べてみると、この選手、ライオンズでスーパーラグビーデビューしたようで、短い期間ではありますが、ラシンにもいたのだそうです。

どのような経緯でシャークスに加入したのかはわかりませんが、ライオンズにいたままだとすると、どうしてもマルコムマークスと比較されますし、技能・技量が同じであったとしてもサイズ的にマイナスイメージでしょうから、ファーストチョイスとなりそうにありませんから、シャークスへの移籍は寧ろ良かったのかもしれませんね。

まぁ、ライオンズのラグビーにも合っている選手だとは思うんですけど、相手がマルコムマークスとなると、ちょっと分が悪いですよね。

とはいえ、あの機動力のHOだと、どこへいっても通用しそうで、ニュージーランドのチームにいても不思議ではないですよね。

ビーストとファンデルメルべ、いい写真だなぁ。