前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

ザ・ラグビーチャンピオンシップのオールブラックススコッド

ザ・ラグビーチャンピオンシップにおけるオールブラックスのスコッド33人が発表されましたね。

まぁ、見るからに凄いメンバーなんですけど、マット・トッドやタマニバル、サムラウシなども選ばれないんですから、本当にニュージランドは恐ろしいですよね。

f:id:so1maeda:20180809142822p:plain

できれば、アキラ・イオアネもオールブラックスで見たいのですが、キアラン・リード、ルーク・ホワイトロックがいるので仕方ありませんが、次の世代では活躍できるとは思いますけどね。

しかし、ロックを見る限り、これ以上の組み合わせってあるんでしょうかね? 少し前であれば「スコットバレットが少々弱いかな?」っていう感じでしたけど、ここ最近のスコットバレットは、恐ろしく進化していますよね。

頼りなさがなくなってきましたし、ひょっとすると3人兄弟の中で1番欠くことのできない選手となったのではないでしょうかね?

先発は、レタリック、サム・ホワイトロックがいるので絶対ではありませんが、この二人の後となると、他に思いつくロックがいませんからね。

アラン・リードも徐々に復活してきていますし、気になるのはやはりデイン・コールズでしょうね。

怪我で不在の間にコーディー・テイラーが存在感を増してきてはいるのですが、やはり現役最強のHOと言えば、HOらしくないHOである、デイン・コールズかマルコムマークスのいずれかではないかと思いますし、久しぶりにデイン・コールズのバックス並のハンドリングとランをみたいですよね。

HO(フッカー)

  • デイン・コールズ
  • コーディー・テイラー
  • ネイサン・ハリス

PR(プロップ)

  • オーウェン・フランクス
  • ティム・ペリー
  • ジョー・ムーディー
  • オファ・トゥウンガファシ
  • カール・トゥイヌクアフェ

LO(ロック)

  • サム・ホワイトロック
  • ブロディー・レタリック
  • スコット・バレット

FL/NO8フランカー、8)

  • ルーク・ホワイトロック
  • リーアム・スクワイ
  • サム・ケイン
  • アーディー・サヴェア
  • ジャクソン・ヘモポ
  • シャノン・フリゼル
  • アラン・リード

SH(スクラムハーフ

  • アーロン・スミス (29歳, Highlanders / Manawatu, 74 caps)
  • TJ・ペレナラ (26歳, Hurricanes / Wellington, 45 caps)
  • テトイロア・タフリオランギ (23歳, Chiefs / Taranaki, uncapped)

SO(スタンドオフ

  • ボーデン・バレット
  • リッチー・モウンガ
  • ダミアン・マッケンジー

CTB(センター)

  • ソニービル・ウィリアムズ
  • ライアン・クロッティ
  • アントン・レイナートブラウン
  • ジャック・グッドヒュー

WTB/FB(ウイング・フルバック) * ネヘ・ミルナースカッダー * ワイサケ・ナホロ * リーコ・イオアネ * ベン・スミス * ジョーディー・バレット

クルセーダーズ強し。

スーパーラグビー決勝、クルセーダーズがその強さをまざまざと見せつけてくれましたね。

ホームゲームということを差し引いても、今季のクルセイダーズは他チームとは頭一つ抜けていましたね。 ライオンズ側がスクラムとモールで対抗できれば、面白い試合になるのではないかと思っていたのですが、見事に対策していて、モールに至ってはライオンズのあの圧倒的強さが鳴りを潜めていましたね。

まぁ、しかしこの試合を見ていて、なんだかんだラグビーはFWだなと思わされましたね。 FWで圧倒できればBK陣に余裕ができますし、攻め方に余裕ができますよね。

いい例がヤンチースで、FWが劣勢となると極端に悪いプレーになってしまい、それを打開することができなくなりますよね。 挙げ句、審判に文句ばかり言うようになりますし、ちょっとこれではボクスの10番は無理でしょうね。

しかしライオンズでは、マルコムマークスとモスタートは群を抜いて良かったですね。 特に終盤のマルコムマークスのトライは、スコットバレット、サム・ホワイトロックをぶち破ってのものでしたし、あれは圧巻でした。

これ今年のボクス、ラグビーチャンピオンシップではかなり面白いことになりそうですね。 f:id:so1maeda:20180806150602j:plain

デクラーク、ルルーの復帰で6月のテストマッチでもいい結果を残していましたし、ここにマルコムマークスが完全復活したとなるとかなり強力になりますし、テストマッチでの脳震盪後、ボーデンバレットはいまいち調子を落としているようですし、オールブラックスも相当手こずるのではないでしょうか。

ちなみにラグビーチャンピオンシップは8月18日からですので、今週は久しぶりにラグビーのない週末となりそうです。

2年連続同一カード

結局、去年と同じ決勝カードとなりましたか・・・。

f:id:so1maeda:20180730165907j:plain

前半戦では、ひょっとするとワラターズが勝つかとも思われましたけど、FW圧倒されすぎたのか、ペナリティが目立ち、自滅したような形ですね。

ライオンズはヤンチースの出来がイマイチだったので、あれでワラターズが勝てないようでは、やはり力差がありすぎたということでしょうかね?? まぁ、マルコムマークスとクワッガスミスが無双していたので、あれではなかなか歯が立ちませんよね。

クルセイダーズVSハリケーンズ戦は、思っていた以上に差がありましたね。 ボーデンバレットがあそこまで消える試合ってなかなかないですよね。

ともにバックス陣がいいので、面白い試合を期待していたのですが、やはりFWの差が試合結果にも出てしまいましたね。 観ている方でもクルセイダーズが何やっているのかわからないくらいですから、ハリケーンズもよくディフェンスしたと思うのですが、クルセイダーズが完璧すぎて手も足も出ませんでしたね。

さて、決勝は昨年と同じカード、スタジアムが異なるだけとなりましたが、どのような試合になるのか楽しみですね。 クルセイダーズの優位は変わらないと思いますが、FW戦でライオンズが優位に立つことができて、なおかついいほうのヤンチースが登場したのであれば、ひょっとするとライオンズにも勝機があるかも知れませんね。

今季の対戦では、クルセイダーズがアウェイ8-14で勝利しているとはいえ、ともにメンバー構成が現在の布陣とは異なっていますから、また違った試合展開になりそうで、いまから楽しみですね。