前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

ホームで負けてしまった・・・。

サンウルブズ、惜しかったですね・・・。

1、2年目と比べると、3年目の今年は戦える体制となっているようですが、他の試合結果などを見ると、なかなか勝ち切るのは難しいかも知れませんね。

というのも、スーパーラグビーのここまでの全試合振り返ってみると、ホームゲームを落としたのはサンウルブズだけなんですよね・・・。 しかもシックスネーションズでも、ホームのスコットランドイングランドを破っていますからね・・・。

失礼な話、まさかブルズがホームとはいえ、ハリケーンズに勝つなんて思ってもみませんでした。

ましては、次戦で対戦するレベルズは、レッズに圧勝(まぁ、前半10分で14人となってしまったので仕方ありませんが・・・。)

まぁ、他のチームとは準備期間がはるかに短いので、まだまだこれからだとは思うのですが、今季のスーパーラグビーは、チーム数が減ることによって、各チームに緩さがなくなったように感じますね。

しかもトライをとるゲームが多いようですし、7試合中40点以上取ったチームが4チーム、負けたチームもほぼ20点近くの点数を取っていますから、見ている方が楽しいですよね。

でも、負けたとはいえ、サンウルブズのFLラブスカフニはかなり効いていましたね。 タックル22回、成功率100%だったようですし、危ない所でしっかりと相手を止めていてくれましたね。 この活躍だと、リーチやマフィも代表入り安泰というわけにはいきませんね。 (ヴリッツも随所に目立っていましたから・・・。)

f:id:so1maeda:20180226120414j:plain バックスでは、やはりサンウルブズカラーの頭になっていたラファエレが逞しくなっていましたね。 もともといい選手だったのですが、2年目にしてスーパーラグビーに慣れてきたのか、それとも13番のほうが合っているのか、サウマキとの相性がいいのか、抜群に目立っていました。

とはいえ、気になるのはハッティングとジャバの故障の具合ですね。 特にハッティングは前半22分での交代でしたから、ジェイミーもゲームプランが大幅に代わってしまったでしょうね。(だからこそ、ジェイミーは複数ポジションのできる人材を重宝するのでしょうね。)

さて、今週は、マフィの所属するレベルズとの対戦ですが、かなり厄介な相手となりそうです。 去年、最下位だったときとはまるで別チームのようで、SHゲニアの加入も大きいことながら、監督も今年からスーパーラグビーを除外されてしまったウェスタン・フォースの監督が指揮を取るようですから、志も高いものがあるのではないでしょうかね。