前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

興味津々のライオンズ戦

ついにライオンズ戦がやってきましたね。 昨年7-94という大差で完敗を喫した相手です。 2年連続で準優勝するチームですし、今年も3勝1敗とあいかわらず強いので、ちょっと観るのが怖い気もします。

とはいえ、試合登録メンバーを見ると、どうしても期待してしまうんですよね。

f:id:so1maeda:20180316131609j:plain

  1. クレイグ・ミラー
  2. 庭井 祐輔
  3. 具 智元
  4. 姫野 和樹
  5. ヴィンピー・ファンデルヴァルト
  6. 徳永 祥尭
  7. ピーター・ラピース・ラブスカフニ
  8. リーチ マイケル
  9. 流 大 ◎
  10. 立川 理道
  11. ホセア・サウマキ
  12. マイケル・リトル
  13. ウィリアム・トゥポウ
  14. レメキ ロマノ ラヴァ
  15. 松島 幸太朗
  16. 坂手 淳史
  17. 石原 慎太郎
  18. ヘンカス・ファン・ヴィック
  19. グラント・ハッティング
  20. ヴィリー・ブリッツ
  21. 内田 啓介
  22. 中村 亮土
  23. 野口 竜司

正直いうと、高さの問題はありますが、ロックの姫野選手とヴィンピー選手って、かなり相性がいいように思っていて、日本代表でもサンウルブズでも最強なんじゃないかなんて思っていたりします。

もちろんロックには個人として見ると、ハッティング選手やワイクス選手など素晴らしい選手はいるんですけど、なぜかこのロックコンビには「何かしてくれる」という期待をしてしまうんですよね。

いや、もっというと、このロックコンビを中心にチームを作った方が、日本にはあっているのではないかとさえ、思っていたりもします。

これはド素人の考えですが、日本人は世界と比較すると小さいので、どうせなら「背の高いロックがいなくても通用するラグビー」というのも模索してみてもいいんじゃないでしょうかね?

言うのは簡単ですけど、まずは規律を守って反則をせず、相手にラインアウトをさせないことを目指す。(相手が反則したときにはどうするんだ??という問題も出てきますが・・・。)

まぁ、ともかく今回のメンバーは、相手がライオンズとはいえ、またまた期待してしまいます。 勝てないまでも、最低限善戦して欲しいなぁ。