前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

良くも悪くも・・・

サンウルブズVSチーフス、やっぱり考えが甘かった・・・。

当日、松島選手とトゥポウ選手が出場しないということで、なんか嫌な予感がしたのですが、案の定、圧倒されてしまいましたね。 当日交代によってチーフスでメッサムが見れたのは良かったのですけどね。

第6節では、ジャガーズがライオンズを倒していますし、だんだんサンウルブズだけが取り残されてきており、ちょっとヤバイですね。

しかし、チーフス相手になぜあそこまでキックにこだわったのでしょうね? 別にキックすることが悪いことじゃないんですよ。 チェイスがしっかりとできていないのに、ただ蹴っても意味ないですよね。

観ている人ですら「ここでキックだ」なんてわかるんですから、相手側のチーフスからすれば楽勝だったでしょうね。

まぁ、しかし今回の結果を受け、あまりにサンウルブズに期待しすぎていることを反省しています。

というのも、スーパーラグビーを昨年のトップリーグの総合順位に置き換えてみると、失礼ながら、コカ・コーラレッドスパークスに、東芝やコベルコ、リコー、Nコムに勝てるだろうと思い込んでいるようなもので、ラグビー自体、番狂わせが起こらないスポーツなのですから、ちょっと期待しすぎなんですよね。

ましてや、チームとしてメンバーが過ごしている時間が他のスーパーラグビーのチームと比較して、圧倒的に短いのですから、連携なんて期待しすぎるのが間違いです。

まだまだ長い目でサンウルブズを応援しなければなりません。

でも、これまでの5戦である程度、コアメンバーは絞られてきたのではないでしょうかね。

怪我のこともありますけど、これまであまりに点を取られすぎですので、勝つためには、ラブスカフニ選手、松島選手、トゥポウ選手が揃う、もしくはシーズンを通してこのうちの2人が出場しなければ、散々な結果になりそうです。

まぁ、個人的な意見ですけど、残りのメンバーはある程度変わってもディフェンス力はそんなにおおきくは落ちないのかなと思っています。(ただし、攻撃ではサウマキ選手がいるといないでは、かなり変わりますけど・・・)

しかし、アウェイでボロ負けするのならともかく、ホームでこてんぱんにやられるとダメージが大きいですね・・・。

今週はバイウィークですから試合はありませんので、憂鬱な気分が続きそうです・・・。 (毎週試合の2日前にメンバーが出るので、気持ちを切り替えることができるのですが、今週は切り替えポイントないままですからね・・・。)

ともかく、これからもサンウルブズを応援しよう!!!