前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

驚きのライオンズ戦

トゥポウの13番、いいですねぇ~。

もう13番はトゥポウ固定でいいんじゃないですかね。 去年もビックタックル連発していましたし、ひょっとするとトゥポウって、どんな12番にも合わせられる、オールブラックスのライアン・クロッティのような存在になるんじゃないでしょうかね。

しかも、まさかコンバージョンまで蹴れるなんて!!!! しかも100%の成功率!!!! いま、よほど調子が良いようですね。 ただ後半はちょっと足が痛そうにはしていましたが・・・。

思うにトゥポウ選手と松島選手って、ラグビー脳、めっちゃ高いですよね。

とはいえ、このライオンズ戦、FW、BKともに自分たちの仕事をしっかりとこなしていましたし、よく諦めずに耐え抜きましたよね。

まぁ、でも1番チームに力を与えたのは、サウマキでしょうね。 あんな頼もしいウイングって、なかなかいませんよ。 スピードだけでなく、あのサイズでパワーもありますし、テクニックでも相手を振り切れますからね。 どうしても日本代表に欲しいですねぇ~。

さて、これまでのスーパーラグビーの南アチームを見ていると、ライオンズのハーフ団はスプリングボクス入りは怪しくなってきましたね。

特にヤンチースはかなり歩が悪そうです。 ストーマーズのウィルムセ、シャークスのデュプレア、ブルズのポラードがかなり目立っていいですし、DFを考えるとちょっと赤信号なのではないでしょうかね。

さて、今年のスーパーラグビーなのですが、3チーム抜けただけで、ここまでハイレベルな試合となるのですね。 現在のサンウルブズであれば、18チーム体制であれば、1~2勝しててもおかしくはないのですが、いまだに1勝も出来ないという状況ですからね。

特にオーストラリアカンファレンスは、強かったシャークスの解体によって、有力選手が分散(レベルズが多いですけど)し、オーストラリアのチームの力関係が拮抗していますよね。

正直、開幕前、レッズはクェイドクーパー、カーマイケルハント、ニックフリスビーなどの主力がほぼ飼い殺しになるということだったので、散々な結果になるのではないかと思っていると、いまや3連勝中ですからね。

開幕こそレベルズに圧勝されていますけど、開始10分で14人、さらにシンビンで13人になるなどあってですから、これは致し方ないですからね。おまけにアウェイですしね。

今年は、ニュージーランドチームも飛び抜けたチームがいないようですから、ますますスーパーラグビーが楽しみになりますね!!