前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

バイウィークには異変が・・・

サンウルブズはバイウィークで試合がありませんでしたが、スーパーラグビーでは凄いことになっていますね。

まさかニュージーの2チームが負けてしまうとは!!!! 特にチーフスなんてホームでジャガーズに敗戦ですからね。 しかし、ここのところのジャガーズはいよいよ本格化してきていますね。 なんといってもオーストラリア・ニュージーツアー・4戦4勝ですし、下手すると南アフリカカンファレンス1位も目の前になりましたね。

ボーナス点こそ0点ですけど6勝は立派ですし、ニュージーのチームで6勝しているチームなんて、他にはライオンズしかいませんからね。ちょっと羨ましいですね。

これまでは反則を犯しまくって自滅というパターンが多かったのですが、ここ数試合は反則はあるといはいえ、大人びたチームになってきましたよね。

もう一つの試合、アウェイとはいえ、まさかハイランダーズがシャークスに惨敗、ボーナス点すらとれないどころか、シャークスにボーナス点まで取られるなんて思ってもみませんでした。

とはいえ、シャークスってあわよくばハリケーンズに勝ちそうになっていたり、ブルーズにも勝っていますから、意外とニュージーのチームとは相性がいいのかもしれませんね。

注目カードであった、ハリケーンズとライオンズは本当に面白い試合でしたね。 残念なのは、前半8分で早々とマルコムマークスが負傷退場したことで、マークスが万全だったらどのような試合になっていたのか、興味はつきません。

しかし、今節である程度力関係がわかってきたような気がしますね。

これまではニュージー勢が圧倒的かと思っていたのですが、抜けているのはクルセイダーズハリケーンズだけで、チーフスとハイランダーズは少し劣り、立ち位置的にはライオンズの次ぐくらいというところでしょうかね。

さて、サンウルブズなのですが、このリーグでは圧倒的に取り残されていますね。 他チームの勝点が15点以上もあるというのに、いまだ勝点2しかありませんし、得失点差も唯一の3桁となっています。 残り7試合で少なくとも勝点10くらいには乗せておきたいですね。

しかし、これから巻き返しだというときに、ピーター・ラピース・ラブスカフニ選手の離脱は痛いですね・・・。

追加招集として、ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ選手、西川征克選手、フェツアニ・ラウタイミ選手、茂野海人選手が呼ばれたようですけど、この2試合の流れを考えると、また他の国から叩かれそうだなぁ・・・。

ただでさえ弱いのに、中心選手を外すなんて、普通は考えられませんもんね・・・。 「スーパーラグビーを叩き台に考えている」と言われても仕方ありませんよね。

やはり協会とうまくいっていないのでしょうかね?