前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

月曜は雨だったけど、いい試合だった。

週末のラグビー三昧は、物凄い試合ばかりでしたね。

まずは土曜のトップリーグサントリーVSヤマハの試合は、圧巻でした。 まさかヤマハがあそこまでボコられるとは・・・。 できれば、クリシュナンとファンデンヒーファーが揃って出られれば良かったのでしょうけど、あの前半のサントリーは異常でしたね。 恐らくどのチームであってもあの前半は止めようがなかったでしょうね。

サポートはドンドン来るし、オフロードは繋がるしで、まさにスーパーラグビーのニュージー勢のような強さでした。 これ、パナソニックとの決勝戦がとても楽しみになりましたね。

日曜の大学ラグビー決勝、帝京VS明治は、久しぶりに痺れましたね。 ひょっとすると明治の勝ちも見えていただけに期待はしていたのですが、やはりラグビーは小さなことを確実に遂行したほうに微笑むのでしょうね。

同じトライを取るにしても、どこにトライを取るのか、5点で良しとするのか、7点しっかり取るという強い意志があるのか、その部分で大きく試合をわけたような気がしますね。

同じ秩父宮で、前日に行われていたトップリーグの試合でも、いずれのチームもタッチキックやコンバージョンキックで苦戦していたので、それがそのまま試合結果にも現れていましたね。

そして昨日、月曜の高校ラグビー決勝。 雨の中でしたし、正直なところ、ぶつ切れの試合になるのではないかと思っていたのですが、あそこまで流れる試合になるとは思いもせず、高校生たちのハンドリングのうまさに驚いてしまいます。 しかも両チームに1年生がいましたからね。

またそれ以外にも「もうひとつの花園」と呼ばれる「U18合同チーム東西対抗戦」があったのですが、こちらもクローズアップしてあげたいですね。

この試合は全国高校ラグビー大会決勝の前に行われるのですが「花園に出場できない少人数校の高校ラガーメンに夢と希望を与え、高校ラグビー全体の盛り上げにつなげる」ために行われているもので、このような取り組みはとても素敵なことだと思います。

合同チームで編成されるためチーム練習があまりできないようですが、各都道府県から集まり作られたチームで、トライを目指していく姿ってとてもいいものです。

部員が少なく、部の存続が危ぶまれる状況の中、「花園」という目標のために頑張っている高校生がたくさんいるということをもっともっと知ってもらいたいものです。