前田壮一のスポーツ日記

前田壮一が主にラグビーについて語っております。

テストマッチが観たいのだ

先週末は、各地でラグビーテストマッチが行われましたね。

フランスvsニュージーランドはJSPORTで放送されていたので、夜な夜な起きて観たのですが、なぜに他の国の試合をやらない!!!!!

めちゃめちゃ面白いカードばかりなのに、1試合しか放映しないなんて、残酷すぎ。

そもそも、アイルランドスコットランドの試合だけでも追いかけようよ。 しかもスコットランドの対戦相手はサモアで、恐らくヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1で勝ち上がってくるであろう相手なのに!!!

そもそもプールAは比較的ラクなプールだという風潮があるようですが、アイルランドは、日本が前回倒した南アフリカを3点の押さえ込み、38ー3で勝利しているんですよ!!!

70分までは、17-3というスコアだったようなので残り10分で大差がついたようですが、その試合内容がどうしても気になります。

ティア1同士の対決であった4試合のスコアを見る限り、いずれも面白そうなスコアだったようですし、ティア1VSティア2の2試合、スコットランドサモアの試合が44-38と大接戦だったようですし、イタリアとフィジーのスコアも19-10とこちらも接戦です。

先々週、1.5軍のオーストラリアとホームで戦った日本のスコア、30-63で完敗したということを考えると、プールAで全敗ということもありえるようですね。 30得点したことを評価する風潮もあるようですが、7番フーパー、8番マクマホン、9番ニック・フィップスが交代してからの2トライですから(それまでは、16-63)、オーストラリア側はあまり無理をしていない中での得点ですし、63点も取られたことを問題視しなければなりません。

振り返ってみると、いずれもリポビタンDチャレンジカップで、

■2017年 日本 22-50 アイルランド (前半 3-31) 日本 13-35 アイルランド (前半 8-28)

■2016年 日本 13-26スコットランド (前半 10-16) 日本 16-21スコットランド (前半 13-9)

と負けていますし、スコットランドとの試合はいいとして、ティア1相手に前半で大差をつけられてしまうと勝てるわけがありませんね。

今週末は、トンガ代表との試合となりますが、ここで大敗するようなことにでもなると、かなりヤバイですね。 世界ランキングでは日本が11位、トンガが13位ですから、絶対に勝ちきってほしいところです。

ちなみにトンガは、先週バーバリアンズと対戦し、27-24で敗れています。 まぁ、トンがは負けたとはいえ、メンバーこそ違えど日本代表も世界選抜には27-47で大きく負けていますから、ランキング通りに勝てるという保証はなさそうです。

ここは勝って、次のフランス戦に勢いをつけたいですね。